「ほっ」と。キャンペーン

右手プルプルやで!

レヴィと一期麻呂のイラストを公開するサイト
by kokkasyakaisyugi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

やるきでろー


かんなぎよりナギ(レヴィ
途中で飽きた感じ(ヲイ

【わたしの失敗】富野由悠季さん(1)意図伝わらなかった「Z」
Zに関して言えば。私は小説版→劇場版→TV版という順番で観ました。
劇場版を観た時の感想は、こういう見せ方もあるんだなと、
改めて富野監督の凄さを実感したけども、
カミーユに関しては、正直これで良かったのかなぁって
思う部分があった。それは多分、私に限った事じゃないと思うけど。
> 「二十年前はカミーユのような(キレる)少年描写はリアルじゃなかった。ところが現在はみんながカミーユになってしまった。そのカミーユを穏当に変えることで、もう一度時代に対するアンチテーゼを出せる」

正直、アンチテーゼを出す必要はあったのかな。
Zガンダムは、作画とか演出の技術的な部分はあるにせよ、
今でも十分通用するアニメだと思う。
富野監督は、みんながカミーユになったと言ってるけど、果たしてそうなのだろうか?
今の若い世代がカミーユほど真っ直ぐに、現実や大人に対してキレているだろうか?
私はカミーユと言う若者を通して自分自身を見つめなおして欲しいと思う。
彼が最後に精神崩壊してしまったことは、観ている私たちにとって大きな衝撃であったし、
それがあったからこそ、Zガンダムという作品、そしてカミーユという人間を
強く印象付けているんじゃないだろうか。
まあ、こういう考え方は最近読んだ三島由紀夫の「行動学入門」から
きてるんだけども。
そういう部分で言えば、劇場版Zにはそれがないわけだから、
後に残ったのはエンターテイメントという部分だけかもしれない。
私の中の位置づけとしては、F91に近いかもね。
[PR]
by kokkasyakaisyugi | 2007-05-08 00:15 | イラスト

ブログパーツ

コンテンツ

イラストにゅーす
レヴィによる
イラスト系ニュースサイト。

UPるちゃん
レヴィによる
アップルニュースサイト。

twitter
レヴィのツイッター。

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧