右手プルプルやで!

レヴィと一期麻呂のイラストを公開するサイト
by kokkasyakaisyugi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

オナニー

どのくらいの方が知っているかわかりませんが、
私はTV業界関連の学校に行っていました。
その中で、第一線で活躍なさっている方々の
授業を受けさせていただきました。
そんなプロの方々からの貴重な意見の中で興味深かったのが、
ニコニコ動画やYOUTUBEに対する考え方です。

時代の流れとしてああいうのが流行るのはわかるけど、
ああいうものは所詮オナニーでしかない。

TV業界にちょっと首を突っ込んだことがある方ならわかるかもしれませんが、
多くの人の手によって何かを作ることというのは凄く大変なことです。
まず第一にスポンサーを納得させなければ企画自体が
立ち上がらないし、企画によっては出演させるタレントも
スポンサー側やタレント事務所側に決められてしまう。
そこからさらに、著作権のことも考えなければいけないし、
人道的であるかどうかも考えなければクレームが来てしまう。
その上で、タレントさんの機嫌を損ねないように上手く気を引くような
企画でなければいけないし、撮影許可の問題もある。
それだけ色んな要素が絡んでくるわけだから、
企画会議の中で自分の意見が却下されることなんて当たり前にあります。
そういう厳しい現実の中でものづくりをしている方々からすると、
その過程を無視しているニコニコ動画やYOUTUBEに関して
心情的に納得できない部分があると思います。
視点を変えれば、それだけ自分の作っているものに対して
プライドを持っているということでもあります。

そして、ここからが私の考えなのですが、
私はどちらかというとオナニー的なものづくりの方に
興味があります。
多くの人の手によってものを作るということは、
一人の人間の考えだけでは思いつかないものを生み出すことが出来る反面、
どうしても当たり障りのないものになってしまいます。
企画会議をやるとわかるのですが、天才や基地外ばかりが集まっている
わけではないですし、多くの人に理解されるものを
作ろうとするとどうしてもそういうものになってしまいます。
偏ったものでは、一部の人間にしかウケないですし、
それでは商売として成り立ちません。
それを理解したうえでオナニーを肯定するのは、
私もどちらかと言えばニコニコ動画やYOUTUBEに
加担している側の人間でもあるし、
思想的な部分に興味があるので個人の考えが大きく反映される
ものづくりの方が面白いと思うからです。
ものづくりは結局突き詰めていくと、その人が今までの人生で得たものの
組み合わせあるいは切り売りでしかないと思うからです。
少しずれますけど、小説や漫画なんかにおける異性の描き方でわかると思います。
萌え系といわれる作品に登場する女性キャラクターは、
リアリティのない男の願望を具現化したものでしかないですし、
そうなってしまうのは作り手側が女性というものを
知らないという部分もあると思います。
ガンダムの富野監督に、
「おまんこを舐めたくなる女性キャラがいない。」
と言われてしまうのも仕方ありません。
街中を歩いている女子高生のなかに、
凄くおしゃれで当たり前のようにブランド物のバックなんかを
持っている子がいたとして、それをただ可愛いと思って
いてはいけないし、彼女がそうあるために
どういう過程を踏んできたかまで想像しなければいけないと思います。
キャラクター造形という部分では、私も萌えキャラのようなものは否定しますが、
その反面、そういうものしか描けなくなってしまった
作り手側の存在に興味があります。
もちろん、作品として面白い面白くないは別としてですが。
その人が何に影響されてこんなものを作ったのか。
そう言う視点を持てばまた違った目で作品を見ることが出来ると思います。

とまあ、長くなってきたので今回はこの辺で。
[PR]
by kokkasyakaisyugi | 2009-02-17 05:56 | 駄文

ブログパーツ

コンテンツ

イラストにゅーす
レヴィによる
イラスト系ニュースサイト。

UPるちゃん
レヴィによる
アップルニュースサイト。

twitter
レヴィのツイッター。

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧